スマホマーケティングを考える

スマホスマートフォン)が流行り始めて数年経ちますが、ビジネスにおいて重要な位置を占めるまでになってきています。

 

スマホを携帯電話だけでなく「持ち運びのPC」として「手帳替わり」として様々な活用方法があるからです。このように自分自身がスマホをどのように活用するかと考えるのと同時に、多くの人が活用しているのであれば、「情報伝達の手段」としても検討する必要があります。

 

つまり、今までHPで自社のPRをしたり、商品を販売していたのであれば、今後はスマホ版のHPもどのようにマーケティングに活用していくかが重要になりつつあります。

 

BtoBビジネス(対企業向け)であれば、まだHPが中心かもしれませんが、BtoCであればスマホ対応は必須になっていくことになります。ショッピングサイトであれば、すでに7~8割はスマホ経由だとも言われているほどです。

 

もちろん、スマホが流行っているからと言って追いかけるだけでは売上にはつながりません。結局は、自社のマーケティング戦略を考える中で、どのように活用していくかを(どのように活用すれば売上につながるのか)を考える必要はあるのです。

 

※「上場準備・株式公開準備・IPO」に関する相談及び「会社に関する問題解決」の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68