純資産価額方式 : 上場準備・株式公開準備・M&A・用語集

純資産価額方式とは、株式の売買M&Aを行う時に、企業の価値を計算する方法株価の算定方法)の一つです。

 

基本的には、貸借対照表の純資産の部(純資産額)を企業価値の評価として見ます。そして、発行済み株式数で割ると、一株当たりの株価が算定できます。

 

現状の企業の実態に近い企業価値を表していると言われる一方で、将来の価値や決算書(貸借対照表)にない価値が反映できないデメリットもあります。

 

また、純資産価額方式も「簿価純資産価額方式」と「時価純資産価額方式」に分かれます。

 

これは、決算書上の貸借対照表の数字をそのまま使って算定する場合を「簿価純資産価額方式」と言い、時価評価し直して算定する場合を「時価純資産価額方式」と言います。

 

 

※上場・株式公開を目指す経営者・起業家に贈る「用語集シリーズ」です。
※上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68