第三者割当増資 : 上場準備・株式公開準備・M&A・用語集

第三者割当増資とは、会社が特定の第三者に株式を割り当てることを言います。

 

特定の第三者とは、現状の株主であるなしに関わりません。つまり、現状の株主の持ち株比率の応じた増資株主割当増資とは違いがあります。

 

よって、既存の株主の不利益になる可能性もありますので、第三者割当増資は、株主総会特別決議が必要となります。(会社法

 

第三者割当増資は、通常の資金調達手段の一つでもありますが、それ以外の理由で活用されることもあります。

 

上場準備株式公開準備企業としては、資本政策の一環として、株式の移動や資本比率の変更のために使うこともあります。この際には、資本政策が長期的視野(事業計画書など)によってしっかりと検討されている必要があります。

 

また、M&A買収事業譲渡など)を行る際の株式の取得、移動する時にも第三者割当増資を行うことがあります。

 

※上場・株式公開を目指す経営者・起業家に贈る「用語集シリーズ」です。
※上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68