規程集 : 上場準備・株式公開準備・M&A・用語集

規程集とは

規程集とは、会社内の文書化された規則やルールをまとめたものを言います。

 

規程集の整備とは

上場準備株式公開準備をする前の企業では、規程は法定の定款就業規則などしかない企業も多くあり、規程集の整備を行うことが、証券取引所・証券会社の上場審査では求められます。

 

これは、内部管理体制内部牽制制度内部統制制度などが整備されて実際に運用されているかどうかを見るためのポイントにもなります。

 

上場準備・株式公開準備前の企業であると、各従業員によって仕事の能力や結果にバラツキが出てきて、ミスや不正にも繋がりかねない状態の場合に、規程を揃えて、運用することによって、仕事の標準化を図り組織的に経営出来る体制整備が求められます。

 

規程集の整備と言うと、「ひな形やサンプルを持って来て、一部を変更すれば良い」と言う考えをする企業もあるが、上場審査では、実際の運用状況も精査されます。よって、自社に合わせた規程集の作成・整備を行わないと後々の運用に影響が出ます。

 

また、各規程も、単独に動いているわけではなく、規程同士の整合性も問われますし、その他の取締役会議事録業務フローチャート経理処理決算処理会社法などの法令などとの整合性も問われるので、作成時点で、規程集および業務など会社全体で検討する必要があります。

よって、規程集作成は、総務など一つの部署だけで作成するとか、逆に各部署がバラバラに作成を行うとかではなく、各部署が連携し合いながら、作成して行く必要があります。

 

規程集の内容とは

規程集の内容も企業によって変わりますが、一般に、定款、取締役会規程、株式取扱規程、規程管理規程、監査役会規程、内部監査規程、組織規程、職務分掌規程、職務権限規程、稟議規程、関係会社管理規程、就業規則、賃金規程、給与規程、退職金規程、役員退職慰労金規程、人事考課規程、旅費交通費規程、慶弔見舞金規程、育児休業規程、従業員持株会規程、経理規程、固定資産管理規程、販売管理規程、仕入管理規程、在庫管理規程、原価管理規程、購買管理規程、予算管理規程、車両管理規程、印章管理規程などがあります。

 

規程の制定や変更はかなり大変ですので、規程の中で細かい部分まで、すべての事項を決めるのでなく、規程では基本的な事項にして、細則やマニュアルで標準化、文書化していくこともコツの一つです

 

※上場・株式公開を目指す経営者・起業家に贈る「用語集シリーズ」です。
※上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68