PEST分析  : 戦略的事業計画書・用語集(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)

PEST分析とは、(ペスト分析)

PEST分析とは、経営戦略立案する時に使う手法の一つ。会社経営の取り巻くマクロの外部環境を【政治面 】(P:Political)、【経済面】 (E:Economic)、【社会面】 (S:Social)、【技術面】 (T:Tchnological) の4つの要因分けて、分析し、それを経営戦略に活かそうとするものです。

 

経営戦略は、そのまま事業計画書に記載していくということを考えれば、経営戦略立案時に使うPEST分析は、事業計画の中心となる考え方でもあります。

 

PEST分析のやり方など(事業計画書との関係)

上記のように、PEST分析は、経営戦略立案事業計画書作成時にSWOT分析と共に良く活用される手法です。

 

よって、「起業家が起業する時」、「企業が銀行から借り入れをする時」、「投資家ベンチャーキャピタルから投資を受ける時」、「M&Aする企業」など、様々な場面でPEST分析SWOT分析は活用されます。

 

よって、戦略的事業計画書の作成では、現状把握現状分析としてPEST分析SWOT分析を活用するところから始まります。これがないと、経営戦略経営戦術も立てられません。それは、現状と、未来のギャップを埋める中長期行動が経営戦略であり、短期行動が経営戦術だから、現状が無ければギャップが生まれず、行動計画も立てられないのです

 

なお、戦略的事業計画書とは、単なる数字合わせの事業計画書はなく、戦略的に(中長期的視野で)事業計画書を立案することです。よって、資金調達のため・融資のための(銀行借入)だけでなく、売上UP(つまりマーケティングに活かす)ことや、上場準備・株式公開準備のために活用することや、人材育成、組織改善にも活用できるものです。

 

特に、上場準備・株式公開準備の中でも、事業計画書の策定は重要なポイントを絞めます。それは、上場審査でも成長性の有無を確認されますし、事業計画書(予算)と実績を分析し次に活かすことも求められますし(差異分析予実管理)、上場後は投資家に対して精度の高い事業計画を発表ディスクローズ)することが求められます。

 

では、PEST分析をやる方法です。まず、自社の取り巻くマクロ環境を政治面 】(P:Political)、【経済面】 (E:Economic)、【社会面】 (S:Social)、【技術面】 (T:Tchnological) の4つに分けます。

 

政治面とは、法律や法規制(規制強化や緩和)、税制の変更、判例、政権交代などです。

経済面とは、景気や物価の動向(インフレ・デフレ)、経済成長率、金利・為替・株価の変動などです。

社会面とは、人口動態、流行、宗教、自然環境の影響などです。

技術面とは、技術開発、新技術の普及、特許などです。

 

これらマクロ環境をPEST分析によってし自社への影響を分析・把握しさらにSWOT分析へとつなげていくことになります。このように、PEST分析SWOT分析により導き出されたものを基に経営戦略を立案していくことになります。

 

 

※「SWOT分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2561

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68