当座貸越 : 戦略的事業計画書・用語集(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)

当座貸越とは

当座貸越とは、企業が銀行などから借入を起こす時の手段の一つです。(銀行などから見れば、融資手段の一つです。)。具体的には、銀行と企業が当座貸越契約書を結び、その中で極度額融資限度額)を設け、その範疇の中で、自由に融資及び返済が出来るというものになります。
当座貸越は、自由に貸し借りが出来るという特徴から、主に短期の融資(返済期日が1年以内)に使われる融資方法です。

 

企業としては、極度額内であれば必要に応じて借入金額をコントロールできるので、資金繰りをしやすいというメリットと、余分な利息を抑えられるというメリットがあります。

 

銀行としては、優良な企業との取引を継続するという意味ではメリットがあります。しかし、上記のように融資額(利息)が安定しないというデメリットもありますので、審査は慎重になるという点があります。これは企業にとってはデメリットと言えます。

 
また、証書貸付などの長期借入金の返済をリスケジュール(返済の猶予や減額)交渉する時に、当座貸越の枠や返済をどのようにしていくかも、交渉しておくべきです。証書貸付(長期借入金)のリスケジュールが出来たけれど、当座貸越の枠がなくなったり、返済しなければいけなくなって、資金繰りが余計に厳しくなってしまうのであれば、意味がありません

 

リスケジュールは、一時的に返済が楽になるという意味でなく、長期的な視野で、資金繰り表事業計画書経営改善計画書をしっかりと計画、作成していく必要があるのです。

 

 

※「経理と財務の違い」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=232

※「資金繰り表」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2658
※「経営改善計画書」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2660
※「事業計画書を作成する時に忘れてはいけない3つのポイント」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2273
※「粉飾決算」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2796
※「予実管理」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2580
※「予算統制制度」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2585

※「SWOT分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2561
※「PEST分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2576

 

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/