私募債 : 戦略的事業計画書・用語集(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)

私募債とは

私募債とは、企業が資金調達のために発行する債券(社債)のうち、特定少数(50人以下)を対象に発行する債券(社債)の事を言います。なお、特定少数ではない債権(社債)のことを公募債と言います。

 

私募債メリット(公募債との違い)は、特定少数(50名以下)であるので、金商法で規定されている有価証券届出書の作成、提出が不要と言う点です。また、取締役会決議で発行が決めることが出来るので、スピーディーな資金調達が出来ることです

 

中小企業の資金調達手段と言うと、銀行借入のイメージが強いですが、私募債も一つの資金調達手段です。資金調達の手段を増やすという意味において検討するのも良いと思います。

 

もちろん、社債を発行する際には、債権者に決算状況事業計画書を見せて、信用してもらう必要がありますので、それらの整備も必要となります。(デメリットと言うわけではありませんが、考慮すべき点ではあります。)

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/