口コミが広がらないたった一つの理由

口コミが広がらないたった一つの理由

口コミでビジネスが広がっていけば、

これほど良いことはありませんね。

 

それは、口コミが起こるということは、

お客様に認められているからです

 

さらに、資金をかけて広告するより、

資金がかからない上に信用度が

高い情報だからです。

 

よって、誰でも口コミを起こしたいはずです。

でも、口コミ事業計画書で、

「このくらい増やせます」と計画出来る

ものではありません。

 

自然発生的なものだから事業計画書には

反映できません

 

しかし、経営戦略的に口コミを考えなくても

良いという訳ではありません。

 

どういうことかと言うと、

口コミを起こすような仕掛けは必要だということです。

 

「お客様が良い」と思わないと口コミは起きないので、

無理には口コミは起こせません。

 

でも、「お客様が良い」と思っている前提であれば、

意外と、「自然発生だから、何もしない」と言う会社も多く、

その「良い」と言う口コミをしてもらうような仕掛け

をしていないことが多いのです

 

例えば、

その「良さ」を誰かに話やすいようなキャッチコピーをつけて置くとか、

口コミをしてもらったら、特典を付けるとか。

つまり、「良い」ものでも、伝えなければ誰にも伝わらないのです。

常に、多くの人に伝える方法を考えて置くと良いのです。

 

それは、口コミも同様で、せっかく、「良さ」を広げるキッカケがあるので

あれば積極的に「良さ」を広げようと考え、行動する必要があるのです。

なお、当然ながら、まずはお客様に「良い」と思ってもらうような

会社やお店にしておくのは大前提ですので、ここは忘れずに!

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/