「今日の勇気の出る言葉 No714」:余裕

同時多くの「やるべき事」が重なったり、時間的な余裕がなかったりすると、どうしても焦ってしまう。

 

でも、焦れば焦るほど、ミスしたり、効率良く進まなかったりして、余計に時間ばかりかかることになる。電車に間に合わないと言って焦ると、定期券を忘れたり、転んだりしていつもより時間がかかるようなもの。

 

焦るような状況が起きたい時に、「意識して」ゆっくり、落ち着いて行う癖をつけよう。この「意識して」行うと言う所がポイントで、「意識しない」とどうしても焦る。この余裕が、時間的な余裕と効率を上げることにつながり、最終的には結果も良いものになるのだ。

 

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68