Ⅰの部とは(上場申請のための有価証券報告書) : 上場準備・株式公開準備・M&A・用語集

Ⅰの部とは

上場準備株式公開準備の中で作成する資料として、Ⅰの部(いちのぶ)だⅡの部(にのぶ)と言うものがあります。※Ⅱの部については明日書きます。

 

 Ⅰの部とは、「上場申請のための有価証券報告書といわれるものです。上場審査の書類の一部であるのと同時に、上場後の有価証券報告書としても使われます。 Ⅱの部が分厚い書類なのに比べて薄いものですが、投資家からするとこれが、投資判断の資料になるため、重要なものです

 

Ⅰの部を作成上の注意点

 さらに、この中には決算数値が出てきますが、この数値が上場準備の上で、大きな意味があるものになります。未上場企業では、税法、会社法に基づいて決算書を作成しますが、Ⅰの部では金融商品取引法などの法律に基づいて作成することになります。

 

 つまり、過去の決算数値(5年分)も掲載されますので、それらをⅠの部用に組み替える必要が出てきます。これが、上場準備の中で経理の部門が大変な作業となります。

 

 また、上場後は、有価証券報告書を毎回作り続けることになるので、それに対応する経理体制にしていく必要もあるということになるのです。

 

<※上場準備・株式公開準備に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・>

http://keiei-consult.com/?page_id=68