「今日の勇気の出る言葉 No746」:計画

例えば、何かの計画を立てて、常に100%計画どおりに実行出来るなら、素晴らしい事だし、そこまで精度が高いなら計画自体が要らないくらいかもしれない。

 

でも、経営計画にしろ、個人の年間の目標にしろ、世の中にあるほとんどの計画は、ズレ(差異)が生じる。ズレが生じたら、「そのズレがなぜ起きたのか?」「次はどのような行動をすれば、目標達成出来るのか?」等を考えれば良い。

 

つまりは、計画はズレが無い方が良いのかもしれないが、計画はズレがあっても、その指標となる。計画通りに行かないから計画を作らないのでは意味がなく、計画通りに行かない人生だからこそ、計画を立てると、そのズレが生じたい時に、その修正をすることによってより良い成長が出来るとも言えるのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68