アイドマ(AIDMA) : 戦略的事業計画書・用語集(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)

アイドマ(AIDMA)とは

アイドマAIDMA)とは、顧客が、購買行動を起こす時の心理の変化の段階を表したものです。AIDMAの、Aは注意(アテンション)、Iは興味(インタレスティング)Dは欲求(デザイヤー)、Mは記憶(メモリ)、Aは行動(アクション)の英語の頭文字を取ったものです。

 

つまり、「まずは、顧客の注意を引いて、興味を持ってもらい、欲しいと思ってもらい、記憶に残るようにして、行動に移してもらう」という流れでマーケティングを考えていく必要があるということです。

 

注意を引いて、興味を持ってもらうために、お店では看板や外装を目立たせたり、広告やチラシなどではキャッチコピーを際立たせたりしないとそもそも、最終的な行動(購買)につながらないとも言えます。

 

逆に、すでに、皆が知っているような会社や商品であれば、欲求を起こすためのためマーケティング記憶に残るマーケティング行動を起こすマーケティングを検討することになります。

 

このアイドマ(AIDMA)で、顧客の心理を考えて、企業や商品によって、どのようなマーケティング手法を選ぶかを決定することになるのです。

 

なお、インターネット環境が発達した現代では、アイドマではなく、アイサスAISAS)と言う流れも出てきています。

 

※「アイサス(AISAS)」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3940

 

 

※「KGI」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3368
※「KPI」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3366
※「MECE」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3347

※「PDCAサイクル」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3138

※「3C分析」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3134
※「マーケティングミックスの4P」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3079

※「資金繰り表」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2658
※「経営改善計画書」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2660
※「事業計画書を作成する時に忘れてはいけない3つのポイント」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2273
※「粉飾決算」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2796
※「予実管理」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2580
※「予算統制制度」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2585

※「SWOT分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2561
※「PEST分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2576

 

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/