ビジネスモデルを発想する方法

ビジネスモデルを発想する方法

ビジネスモデル発想するには、様々な方法が考えられますね。

でも、意外と簡単な方法でもアイデアは浮かぶこともあります。

 

それは、思いっきり「良い理想像」を考えることです。

 

この時に重要なのは、

「いや~、現実的ではないから・・」とか

「理想はあくまで理想・・・」とか

「理想論を語っているとバカにされる・・・」とか

考えないことです。

 

そんな常識を取っ払って、まずは思い切って理想を想像してみてください

 

そして、思い切って理想を想像した後に、

現状がどのような状態であるかを考えてみましょう。

 

思い切った理想像ですので、当たり前ですが、現実とのギャップが起きます。

このギャップをどのように埋めるかを考えるとビジネスモデルになるのです。

 

この「理想」は、自分のことで考えても良いですが、

それをお客様は周りの人々の理想も考えてみましょう。

 

すると、多くのギャップがあることに気づきます。

ギャップがたくさんあるということは、ビジネスモデルを考えるアイデアも

たくさんあるといえるのです。

 

そこまで来たら、後は、どのビジネスモデルを実行すべきかと、

戦略的事業計画的現実的に考えていけば良いのですね。

 

 
※「コンバージョン率」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=4035
※「ABテスト」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=4033

※「マーケットイン」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=4022
※「アイドマ(AIDMA)」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3938
※「KGI」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3368
※「KPI」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3366
※「MECE」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3347

※「PDCAサイクル」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3138

※「3C分析」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3134
※「マーケティングミックスの4P」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3079

※「資金繰り表」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2658
※「経営改善計画書」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2660
※「事業計画書を作成する時に忘れてはいけない3つのポイント」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2273
※「粉飾決算」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2796
※「予実管理」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2580
※「予算統制制度」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2585

※「SWOT分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2561
※「PEST分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2576

 

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/