「今日の勇気の出る言葉 No835」:圧倒的な強み

例えば、腹話術で破裂音(パ行など)を発音するのは、高度な技術であるが、いっこく堂さんは、難なくそれを使いこなす。それどころか、物まねや歌などを織り交ぜ、感動すら呼ぶ。これの技術が、難しいだろうなとお客様も分かるからこそ、それが出来ることが強みになっている。

 

ビジネスでも、単にその分野に詳しい、経験が豊富というだけでなく、その分野のプロの集団の中でも、「さらに、ここまで出来る」という人は、非常に強い。

 

単なるプロを目指すなら、ミスしないとか言ってレベルの質を維持することだけで良いが、一流のプロになるためには、そのラインは維持しながら、圧倒的な「強み」が必要になるのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68