「今日の勇気の出る言葉 No836」:経験力

例えば、プロ野球でベテラン選手も活躍している、体力的には、若い世代より劣り始めていても、経験の多さがそれをカバーすることもある。ビジネスでも、様々な経験を積んでいる人は、全く新しい出来事や想定外の出来事にあっても、動揺せずに対応できることが多い。

 

では、その「経験」というのは、どのように積めるのか?「経験を積む」というのは、期間の長さや特別な非日常的な経験の豊富さだけでなく、何でもない日常の業務の中でも、常に改善、常に成長、常に周りに良い影響を与えようと努力するなどの経験を積んでいることが重要になる。

 

つまりは、日常の生活やに日常の業務の中でも、他の人がルーチンワークと言って、手を抜く間にも、意識を高く行動している人は「経験力」を高めることが出来るのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68