「今日の勇気の出る言葉 No838」:冷静な時間

例えば、プロ野球チームで、すべてが長距離バッターのチームは勝つのが難しい。攻撃も重要だが、それと同様に守りも重要だからだ。

ビジネスをしていると、常に「前向き」「積極的」「先進性」などを求められる気がする場合もある。でも、それは、「ホームランが野球の華」と言う一面だけで、「ホームランバッターばかりの野球チーム」と同じ。一面、強そうだが、脆さも持っている。

ビジネスでも、「前向き」「積極的」「先進性」なども重要なのだが、その一方で、「過去を自己反省」したり「ゆったりした時間を持って、深く考える」とか、「落ち着いてみる」などの、自分(自社)を冷静に見つめ直す時間を創ることも重要なのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68