「今日の勇気の出る言葉 No863」:楽しさ

例えば、自転車を乗るのが趣味の人は、自転車に乗ること自体、決して体力的には楽ではないが、十分に楽しんでいる。つまり、楽することが楽しいのではなく、自転車に乗って体力が付いたり、様々な景色を見ることが出来ることを楽しんでいる。

 

これはビジネスや普段の生活でも同じ。「物事を楽しもう!」と言うと、「楽すること」と捉えがちだが、自転車の例のように、「楽すること」と「楽しむ」は、同じではない。

 

つまりは、ビジネスや他の物事も、辛いことや厳しいことがあるかもしれないが、十分に楽しむことが出来る。そして、それは、「楽すること」ではなく、ビジネスや物事に全力で取り組むことによって、楽しさが生まれるのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68