「今日の勇気の出る言葉 No895」:田植え

例えば、普段であれば、「泥だらけになる」と言えば、嫌だなと思う。でも、それが「田植え」をするのであれば、泥の中に入るのもそれほど苦にならない。それは、「泥の中(田んぼ)」に入って苗を植えることによって秋には、お米が収穫できるという楽しい作業であるから。

 

ビジネスや普段の生活でも、目の前の出来事が「つまらない」とか「ちょっと嫌だな」と思うことも多少あるかもしれない。でも、田植えのように、美味しいお米を収穫できる一環の中の一つだと思うと、「つまらない」「嫌な」仕事や作業さえも、楽しい将来への布石と考えられる。

 

つまり、目の前の出来事に行き詰まり感を感じていたとしても、実はそれ自体が、将来の大きな収穫のスタート地点だったりする。であるなら、目の前の出来事を楽しんだ方が、「今」も楽しめるし、将来も大きな成果を手に取ることが出来るはずなのだ。

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68