「今日の勇気の出る言葉 No958」:価値観の違い

例えば、納豆を大好きな人もいれば、大嫌いな人もいる。そんな中で、「納豆が大好きだから、納豆が大嫌いな人を嫌い」と言う人はほとんどいない。強要されれば別だが、通常であれば、「気にしない!」と言うレベルの話だ。

 

食べ物の好き嫌いレベルでは、相手の人格までは否定しないし、相手の好みを受け入れられる。では、ビジネスや普段の生活で、相手と価値観が違うからと言って、「対立」したり、「否定」したり、「攻撃」したりして余分なエネルギーを使っていないだろうか?

 

各々の生い立ちや経験などから、価値観の違いは必ずあるので、価値観の違いをすべて無くす事は不可能。だからこそ、違いがある事を認めて、受け入れる事が出来れば、「気にしない」ことも出来るし、さらに、違いがあるから、相乗効果が生み出す事できるのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(マーケティング・資金調達・上場・株式公開)を目指す経営者・起業家に贈る「勇気の出る言葉シリーズ」です。
※事業計画書作成・資金調達・マーケティング・上場準備・株式公開準備・M&Aに関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68