なぜ会社内の問題は先延ばしされるのか?(経営の見える化の教科書)

なぜ会社内の問題は先延ばしされるのか?(経営の見える化の教科書)

上場準備を進める成長企業の社長の悩み事で、「社内の問題点を先延ばし(放置)して

しまう」と言うものがあります。

 

お客様や取引先、株主、銀行などとの外部との問題点を先延ばし(放置)すれば、

問題が大きくなるので、すぐに対処するはずです

 

しかし、会社内の問題点は先延ばし(放置)されることが多くあります。

その原因は、いくつか考えられます。

 

・長期的に見れば重要だが緊急性がないので、先延ばしにする

・本来は重要な問題だが、小さな問題しか目立っていないので気付いていない

毎日の業務に追われて、対処する時間がない

・社内の問題なので、重要視していない

など。

 

いずれも、現状は大きな問題になっていないものの長期的に見れば大きな問題や

社外にも影響する問題になりかねないものです

 

小さな問題のうちの対処すれば、大きな問題を防ぐことができるという点で見れば、

先延ばし(放置)せず、早めに対処した方がよいのです。

 

このようにお話すると「それは分かっているけれど、なかなかできない」と言う

言葉もでてきます。確かに、キッカケがないとなかなか対処できないと思います。

そもそも「すべき論」で対処出来ているのであれば、すでにしているはずなので。

 

ということは、問題解決をするキッカケを作ればよいのです。

それは、「問題を発見しすぐさま対処できる仕組み」をつくるのです。

 

それには、現状把握(現状の見える化)をします。そして、問題が起きた時に、

チェックできる体制および対処するため体制を作ります。

 

例えば、日々の業務の中では、従業員同士が問題を話し合う場(ミーティングなど)が

あればすぐに問題を発見し解決できます。(ガチガチの会議というより、ざっくばらん

に話し合える場の方が意外と早く解決します。風通しのよい職場は問題解決も速いの

です。)

 

また、それでも発見、解決できない問題もあるので、その場合は、定期的な会議

発見、解決する時間を設けます。会議も形式的に縛られると、問題提起すらされません。

問題提起がしやすい、そしてそれらの解決策・アイデアを出しやすい会議にしていきます。

 

さらに、事業計画書などを作成する年一回の場では、全社の問題点を発見、改善する場

にもしていくなどです。

 

上記は、一例ですが、問題を先延ばし(放置)することは、後々に大きな問題につながりますし、

精神論・すべき論では解決できませんので、問題を早めに解決できる仕組み作り・体制作りに

取り組んでみてください。

 

 

弊社では、「経営の見える化」支援も行っておりますので、

お問い合わせください。

 

 

※「事業性評価とは」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5311

 

※「ものづくり補助金の加点:採択率アップのために!」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5101
※「経営力向上計画とは」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5050
※「中小企業等経営強化法とは」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5073
※「M&Aのための事業計画書」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5007
※「M&A売り手側の事業計画書のポイント」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5026
※「M&A買い手側の事業計画書のポイント」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5024
※「M&Aの売買価格はどのように決まるのか?」の詳細についてはこちら

 ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=5029
※コンバージョン率」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=4035
※「ABテスト」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=4033

※「マーケットイン」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=4022
※「アイドマ(AIDMA)」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3938
※「KGI」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3368
※「KPI」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3366
※「MECE」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3347

※「PDCAサイクル」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3138

※「3C分析」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3134
※「マーケティングミックスの4P」の詳細についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=3079

※「資金繰り表」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2658
※「経営改善計画書」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2660
※「事業計画書を作成する時に忘れてはいけない3つのポイント」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2273
※「粉飾決算」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2796
※「予実管理」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2580
※「予算統制制度」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2585

※「SWOT分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2561
※「PEST分析」についてはこちら ⇒ http://keiei-consult.com/?page_id=2576

 

 

 

※戦略的事業計画書(売上UP・資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)作成支援のための「用語集シリーズ」です。
※戦略的事業計画書作成(売上UP、資金調達・上場準備・株式公開準備・M&A)に関する相談及び会社に関する問題解決の相談は・・・

http://keiei-consult.