セクショナリズム解消も上場準備・株式公開準備で!

会社規模のがある一定上になると、セクショナリズムが始まってきます。

 

「隣の部署は何やっているか分からない」

「自分の部署の事以外、手を出さない」

「問題が起きているのに、どこの部署も問題解決をしようとしない」

「各個人では、仲が良いに、部署単位になるとなぜか対立している」

「協力するば、よりよくなるのに、協力しない」

等々。

 

これらを解消するには、2つのアプローチが必要となります。

組織や制度面」と「人の面」です。

 

いくらその中の従業員が「皆で協力したい」と思っていても、組織や制度がセクショナリズムを誘発するような流れになっていれば、どうしてもそちらに流れが言ってしまいがちになるのです。

 

また、そのような流れの中で、長く所属していると、そもそも「協力し合う」と言う組織風土ではなくなってしまうため、それを改善する必要もあるのです。

 

このように、「組織・制度面」と「人の面」両方に改善をしていくことが出来るチャンスが、株式公開準備・上場準備なのです。急成長した会社の良い所を残しつつ、よりよく組織体制を整えていく時期ですので、セクショナリズムが起きにくい、組織、制度にしていく必要もありますし、そのような風土を創り上げていく必要もあるのです。

 

もちろん、株式公開、上場はキッカケだけですので、株式公開・上場準備を考えていない会社でも、すでに株式公開・上場している会社でもセクショナリズムは起きます。

 

その場合のセクショナリズムの解消・解決方法を取る時も、「組織・制度面」と「人の面」の両方からの改善をしていかないといけないのです。

 

※「上場準備・株式公開準備・IPO」に関する相談及び「会社に関する問題解決」の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68