上場した場合の創業者利益と従業員のメリット

上場準備株式公開準備直前々期直前期と上場日・株式公開日が近づくほど大変になります。それは、Ⅰの部Ⅱの部内部統制報告書などの上場審査対応、上場書類作成などが本格化していくからです。

 

これだけ大変な想いをして上場・株式公開を目指していくので、そのメリットが気になるところです。もちろん、創業者利益は大きなものがあります。創業者と言うより、上場前に株式を所有している方と言う方が正確かもしれません。上場時・上場後に株式が上昇するば、それなりの資産を築くことが出来るからです

 

また、創業者=経営者と言う場合であれば、資金調達の手段銀行借入中心(間接金融)から、市場からの資金調達直接金融)と増えるというメリットもあります。また別の機会にお話したように、事業承継のしやすくなるという面もあると思います。

 

では、創業者・経営者だけがメリットがあるのでしょうか?そうではありません。上記に、上場前に株式を所有している方にメリットがあると書いたように、従業員でも「従業員持ち株会」を通じて株式を所有したり、ストックオプション制度を使って株式を所有する権利を得ている場合もあるからです。

 

また、これは間接的なメリットかも知れませんが、上場企業・株式公開企業になること自体が社会的信用が上昇するので、そこに勤めていると言う事は、個人の社会的信用も上がる(可能性がある)ことになります。

 

別の機会にもお話しましたが、デメリットもあるので、これから目指す企業であれば、それらを含めて上場・株式公開のメリット・デメリットを考えて見るのも良いと思います。

※「上場準備・株式公開準備・IPO」に関する相談及び「会社に関する問題解決」の相談は・・・

http://keiei-consult.com/?page_id=68